男性は若い女の子とセックスしたいから援助交際をする

男性という生き物はとにかく若い娘を好みます。
もちろん小学生のような若すぎる娘を選ぶ人はごく少数でしょうが。

女性からは不満の出ることでしょうがこれは男性が悪いわけでなく、単に若い女性のほうが子供を孕みやすいという生物的な本能によるものです。
それゆえ無自覚であっても、男性というのは若い女性とセックスしたがるものなのです。

ではここで、その男性陣に「三万円を出すなら若い娘とセックスさせてあげる」と言った場合どうなるでしょう。
当然ながら、様々な理由により断る人とそれを考えずに話に乗る人に分かれます。

援助交際の話において若い娘が出てくることの多い理由はこうした男性の本能的なものによることが大きいです。
その証明として、実際に援助交際において現れた女性が話に聞いていたよりも年長であれば男性は裏切られた気持ちになるでしょう。

しかしこれが男性の場合であると、こちらに求められるのは若さではなく財力の一点になるわけです。
そして援助交際は、よりお金を欲しがる二十歳以下の女性に広がるわけです。
もちろん援助交際が二十歳以下の女性に広がっているということ自体が非常におかしいことではあるのですが。

そして一般的な意見としては「身体をお金で売るなんて有り得ない」というものが多数ですが、彼女たちからしてみれば、気持ちのいいことをして更にはお金までもらえるのだからこんなにいい話はない、ということになるわけです。
男性からしてみれば「おいおい」と言いたくもなるわけですが。

関連記事一覧:

Trackback URL

Comments are closed.