援助交際が犯罪だと知らない女子高生たち

援助交際と言えばまごうことなく犯罪行為です。
元々法律によって禁止されていますし、未成年者との援助交際に至っては各都道府県にて条例ででも禁止されています。

もちろんそれを知らずにいる人もまずいません。
援助交際は犯罪。にも関わらず、援助交際といえば女子高生や女子中学生が連想されるのは何故でしょう。

やはり援助交際のイメージといえば「おじさんと女子高生」というものが一番強いからでしょうね。
そしてこの援助交際ですが、見つかれば逮捕ですが、運よく見つからなければ双方得をして終わり、という一面もあります。

実際に援助交際にて逮捕されているのなんてほんの一握り程度のものでしかないのですから。
そして未成年者とセックスできるという環境があるというだけで性欲というものはそっちを向いてしまうものです。

仮に四十代の男性を例に考えてもみましょう。
そのくらいの年齢になれば未成年者というのは自分の娘と同い年くらいのものです。
それでも性欲はその若い方へ向いてしまうものです。

ですが、普通に考えてそんな若い娘とのセックスなぞできるはずもありません。
そこにくると援助交際ならばその不可能なことが実現できてしまうわけです。

援助交際とは不可能を実現させ、出会うはずのない男女を出会わせ、性欲を満たし、財布を膨れさせるまさに現代の魔法、夢のような時間なのです。

世の男性たちはいつも「未成年者がいるかも知れない」ということを理解した上で、援助交際に手を出し続けるのでしょう。
それが犯罪だと意識すら薄いままに。

関連記事一覧:

Trackback URL

Comments are closed.